英語が活かせる海外求人を探す際に注意すべきこと

海外求人を探す際にはどんなところに注意をしなければならないのか? - 英語が活かせる海外求人を探す際に注意すべきこと

英語が活かせる海外求人を探す際に注意すべきこと

ytjytd
街の中では外国人が本当に増えているように感じます。
グローバル化が進んで、世の中では色んな言語が飛び交いますが、ビジネスの世界ではより世界規模での仕事が増えて英語を使ったビジネスも更に重要になりつつあります。
それでは海外で英語を使ったビジネスを選ぶ前に気をつけたい事をいくつか考えたいと思います。

本当に英語を使うかどうか

自分の英語を生かしたいと思って就職先を探して、ようやく英語が使える職場に行き着いたと思ったら、実はその仕事のほとんどは日本語の営業と事務だけだった、そんな話しを良く聞きます。
特に日本語学校の受付や運営等は一見英語を使いそうなイメージがありますが、その仕事のほとんどは教室運営です。経営が日本の会社だと、受付や事務の人がが英語を使うのはその生徒と挨拶する程度という事はよくあります。
それでも満足の方はいいかもしれませんが、本当に英語での交渉等の仕事をしていきたい人にはガッカリの内容になります。
あとは英語を使えると尚良いけれど使わなくても仕事は出来てしまう職です。
例えば海外にある日本系列のデパートです。アパレル関係等は英語接客出来れば喜ばれますが、基本的な仕事は日本語で出来てしまうので、英語が出来ても特別そこに給与が反映されなかったりと不満が残る形になる場合は気をつけたいですね。

英語のレベル

母国語ではない言語を使う場合は実にそのレベル把握が必要不可欠になります。
日常会話が出来るレベルでいいのか、それとも商談が出来るレベルが必要なのか、書類を作成する必要があるのか、等一口に英語と言っても様々です。
一般的には商談レベルまで出来る事が望まれますが、中々そこまでのレベルに至るには経験と勉強がかなり必要だったります。
通訳や文章で起こす場合はそれ専門のセンスや知識が必要となってきたりします。
求人の内容とレベルを知らないで日常会話しか出来ないのに、面接が英語のみで行われて恥をかいたという話もあるので、しっかりと求人の情報を読み取って自分の今のレベルにあっているか確認しましょう。

地域性

英語に興味がある方なら既にご存知かもしれませんが、英語というのは世界中で使われている言語なので、各地域ごとに独自に発展や変化をしている事が多々あります。
よく聞くのはアメリカ英語とイギリス英語です。発音自体が結構違う部分が多く、アメリカ留学で会話を培った人がイギリス人と話していて何を言ってるのか分からなかったというのはざらにあります。
更に言えばカナダ英語、オーストラリア英語、アフリカ英語、等は現地での様々な言語での癖を吸収してしまっている為、かなり癖がありますので最早別物に感じるそうです。
単語の意味や表現も各地域でかなり違うので、ビジネスの場で困ったりする事も多いと聞きます。
地域性は言語だけではないですね。その国の風習や宗教などで礼儀作法も変わってきます。知らずにやった小さいアクションが相手を怒らせるハプニングは避けたいですよね。
なのでそのビジネスのターゲットの地域はどこなのかをしっかりと事前に確認する事が大事です。採用されてから「こんなはずじゃなかった」とならない様に気をつけましょう。
これからの時代ますます英語が必要になり、その価値への評価は高まっていきます。
TOEICの点数などを意識する会社も多いかと思いますが、実はTOEICも4つの技能に分かれているので、一般的にはリーディングとリスニングですが会社によっては他ののスピーキングとライティングを意識する会社もあります。
しっかりと自分のスキルと会社のもの止めるレベルに違いがないかを見て、自分の英語が活きる海外への就職を目指しましょう。
英語力を生かせる求人
■https://www.careercross.com/

更新情報

アーカイブ

△PAGE TOP